忍者ブログ
TRUANT付属のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年末年始に大長編を読もうかと思っていましたが、結局はいろいろに手を出しました。
TSUTAYAを物色するのは面白いです。ただ、わりときれいな本は意外と高い。

・バルガス・リョサ『密林の語り部』 
 最近なぜかマイブームなのが「ジャングル」でありまして、題名から、きっとジャングルだろうと読み出した本。
南米の文学作品独特の、こう湿度の高い、熱くてめまいがするような感覚が贅沢に味わえました。

・P.D.ジェイムズ『トゥモロー・ワールド』
 映画化されましたが、人死にばかりのドンパチ映画版とは大分話が違います。設定は近未来で、25年前以降、人類は子供がひとりも生まれなくなったという社会ですが、その状況が淡々とリアルに描かれるので、じわっとした緊迫感が襲ってきます。

・フランツ・カフカ『審判』
 蔵書分の新潮文庫があまりにも古びて嫌だったので、買い換えた岩波の訳で再読(つか、5回目くらい)。
 ある日突然、主人公のアパートに男達がやってきて、あなたは逮捕されましたと告げる、けれども日常は特に変わらず、ただ、得たいの知れない当局の審判を待つ。不安感一杯だけどやみつきになる小説。この訳もいい。

・アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会 3』
3にもなると最初の衝撃はもはやないのですが、いつものメンバーの人間味あふれるやりとりは、いよいよ実在する人たちのようです。ハロウィーンとクリスマスの話題で目を輝かせたから彼は家庭人だろう、と思ったのに冷徹なスパイで数学者だった、という「家庭人」がマイベスト1。

他は小説ではないのでタイトルのみ。
「20世紀英米文学案内 ドライサー」
「庭園の世界史」
「愚者の知恵」
「芸術哲学入門」
「ハムレット もしくは ヘカベ」(カール・シュミット)
こんなかんじです。もし、こういう読書傾向のワタクシめにおすすめの本(小説がいいです)がありましたら、教えてくださいね。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
狩路 渓
HP:
性別:
非公開
職業:
美術館とかでウロウロする
自己紹介:



バーコード
P R
アマゾン検索窓
忍者ブログ [PR]