忍者ブログ
TRUANT付属のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前から気になっていた本だったのですが、とりあえず1だけ買って、しばらく積読になっていました。暇ができたので手を出したところ、これが、私の好みにドンピシャリ! シリーズが5巻まである? 当然揃えますよ!

拍手


ミュルス海岸倉庫 - 2012年09月 (1作品)
黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)

powered by booklog
短編集になっていますが、実は続いている設定。 月に一回、レストランで談笑するために集まる6人の男性メンバーと、完璧無比な給仕のヘンリーの話で展開します。 メンバーの中のホストがゲストを連れてきて、そのゲストが謎を抱えていて、みんなであれこれ楽しく知識をひけらかしつつ(互いにけなしたりしつつ)推理していくけど、本当に謎を解明してみせるのは毎回ヘンリーだったりします。 1巻には12編収録してあり、どれも好きですが、一番ワクワクしたのは「不思議な省略」でした。(「指し示す指」はシェイクスピア絡みですが、落ちがフフッと笑えてしまった。また別のときに紹介致します) ゲームと謎かけの大好きな友人に、遺言でちょっとした遺産を貰ったゲスト。どこかの銀行に預けてあるはずだけど、そのありかのヒントは「アリスの不思議な省略」それだけ!ゲストは、『アリス』がヒントなので暗記するほど読んでいます。メンバーも詳しいのでそれらしいところまでいく、でも肝心なところに行き着きません。一体、”不思議に”省略されているのは何か。 ヘンリーの謎解きは毎度、結構単純な死角を突くパターンなのですが、この話ではどっちかというと正攻法で突き止めるのです。そこがものすごく面白かった。『アリス』ももう一回くらいは読んでおかないと、と思いました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
狩路 渓
HP:
性別:
非公開
職業:
美術館とかでウロウロする
自己紹介:



バーコード
P R
アマゾン検索窓
忍者ブログ [PR]