忍者ブログ
TRUANT付属のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春になってやっと落ち着いた、と報告するついでに、最近読んだのがコレとは。
短編集ですが、カーを読むのもしばらくぶりです。『仮面劇場の殺人』が、長い割にはあまり好みでなくて、それから放置していたという。
で、仕事の忙しいのがやっとすんで、ジュンク堂にフラフラと吸い寄せられて行ったのでしたが。

これがメチャクチャに面白かった。
カーの怪奇趣味は長編でもお馴染みですが、この短編集にはいっているうちの2編は、本物のゴーストが登場しています。しかも、罪のない主人公が危なくなったその瞬間に、助けに出てくる! でもゴーストだから、消えたあとに、「あれはそうだったらしい」と、退場の仕方も心憎い。(つまり、勧善懲悪なのです)

表題作も凝ってて面白かったし、ホームズのパロディも遊んでて笑えましたが、フランスの森の中で嵐に遭った旅行者が、呪いのかかった(と、地元の者が言う)館を宿にしたところに泊まる話が一番雰囲気からして恐かった。
宿の主人や周囲の人が殆ど共謀して、お金のありそうな旅行者を泊まらせ、カラクリドアによって転落死させるという企みです。
主人公はかれらの正体に気付くけど、気付いたことがすぐばれてしまい、後ろで部屋のドアは閉まり、蝋燭はわざと短いのを持たされているのですぐ真っ暗、もう絶体絶命!(笑)

短編集はどうかなと思いましたが、これはむしろ正解でした。残り3、4冊あるらしい。全部購入決定(緊急課題;保管場所確保)。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
狩路 渓
HP:
性別:
非公開
職業:
美術館とかでウロウロする
自己紹介:



バーコード
P R
アマゾン検索窓
忍者ブログ [PR]